Posted by at

2009年03月30日

第25話「ことばメッセージが最高の見舞」

2005.2.7

「ことばメッセージが最高の見舞」

病院に入院していると、お見舞客をよく目にする。

ちょうど目の前の入院患者には、よく見舞客が来ていた。

手には見舞の品や、花束やお金やありとあらゆるものを手にしながら来ていた。

中にはあまり好きではない人や、病気を聞きつけて、何の病気だろうと、さぐりを

入れに来ている人もいたそうだ。

世間の付き合いや、しきたりで来られても迷惑なだけだ。

ましてや、こんな風な物を持って来るのは、何も意味がないと感じるのだ。

そんな中、私の元へは、毎日夕食にと、その日のトゥデイズレシピのランチや

ディナーが届けられ、皆のライトメッセージが同じく届けられていた。

これが最高の見舞だった。

日々、仲間が愛情込めて作っている食事を口にしながら、共に一緒にいれる幸せや、

ライトメッセージを通して、今いる我々との仲間とのコンタクトが出来るからだ。

体が目の前に来ているということでなく、どんなメッセージが届けられているかどうかだと思った。

今、自分が書いているメッセージが、誰かを力づける。

それは見舞の為でなくても、日々色んな人を意図にいるということは、人々を見舞って

いるのと同じなのだ。

私達のBIRTHDAYと同じ物をおくるのでなく、ことばを届ける。

それは、たとえ物であっても、そこにことばがメッセージがあるかないかの問題だ。

とにかく、私は、この皆のことばに支えられていた。

このことばによって生かされて来た。

ありがとう。
  


Posted by NAGAIトークスタジオ at 08:00Comments(0)癌ダンス日記

2009年03月23日

第24話「女とは?男とは?」

2005.2.6

「女とは?男とは?」

今回の私のガンは、子宮ガンであって、これは女性のみしかかからないガンだ。

それでもって、私は手術でその子宮の全てを切除したわけだ。

そうなると、女性でもなく、男性でもなく、現象としては、中性になってしまった。

日頃全く意識の中にすらなかったことだが、いざ無くなるということに直面した時、一瞬自分が

動揺してしまったのだ。

自分が女性として完全でなくなることへの反応だった

逆をかえしてみれば、女ということにこだわっていないと思っていたが、女であることに一番

へばりついていたのかもしれない。

よく世間の迷信で言われる女の幸せは、結婚をして、子供を産んで。

とか言われるが、自分には全く関係がないと生きてきたが、いざやらないのではなく、

できなくなる という現象が目の前にくると、動揺してしまったのだ。

人間はここぞという現象が目の前にくると、自分のアクトがそのまま出てくるというが、まさに

その通りだ。

自分が試されるのだ。

どう生きているのかと!


これは女であるとか男であるとかいう小さな問題ではない。

自分がどう生きるかと宣言していることが、

我レベルなのか、本当に人類に目が向いた我々レベルのことなのか、自分自身の問題である。

自分が、自分の思い、自分の物にへばりついたところから、ちょっと冒険しようとしているのか、

自分なし に生きたところから、人類に立場をとっているのか、

本物と偽者(メッキ)かがわかれてくる。

女でもなく、男でもなく、人間とは、人とはどう生きるのか
目覚めた瞬間でもあった。  


Posted by NAGAIトークスタジオ at 08:00Comments(0)癌ダンス日記

2009年03月16日

第23話「無事生還する」

2005年2月5日

「無事生還する」

遂に、ガンの治療を終え、退院を迎えることが出来た。

あと放射線治療は残っているが、これは数日間入院をして様子を見たので、

後は通院ですむ様ようになった。

何よりも抗ガン剤と、手術をしたことで、全てガンは取り除かれて転移もないということに

なった。

ガンが発見されてから約3ヶ月半、このガンという現象から、ものすごい真実のエネルギーが

動いたことを感じる。

それは、自分ひとりが戦ったということでなく、この現象が我々のエネルギーのことなのだと、皆が一緒にいてくれたことだ

突然のことで、現場を全て手放し、そして皆に依頼し、その中ですごい大きな動きもおきてきている。

この早さで完治できたということは、我であれば不可能なことだと痛感する。

そして、これは、全て必然であり、我々にとって必要なことだったのだと思う

今、こうやって病院から出て、我々家族のスペースに居られるありがたさを身にしみて思い、

何よりもこの必然なる現象に突破を創り出すと、志新たに思う。

このガンは私にとって、最大のコーチだ

「ことばがすべて」これを、名実共に証明する為の大きなステップだったのだ。

今、ここに自分が存在する。

それは、誰の為、何の為なのか。

まさに我なし、ことばそのものとして生きる宣言をする日だ。
  


Posted by NAGAIトークスタジオ at 08:00Comments(0)癌ダンス日記

2009年03月09日

第22話「初の手術体験記」

2005年1月26日

「初の手術体験記」

朝6:00頃から、手術の準備に取り掛かる。

まずは、2粒の安定剤の様なものを渡されて飲み、その後は浣腸をして、腸の中を綺麗にした。

しばし一休みをしたら、手術服に着替え、足のサポーターをして、いざ8:15頃から手術室へ入った。
 
入ってまず、麻酔を背中に打たれ、その効き具合をみながら、口からの麻酔をしたとたん、記憶がない。

その間4時間半ぐらい。

目覚めたのは、「松田さん、終わりましたよ。」と言われた一言で、意識が戻ってしばらく。手術の

部屋の横の部屋でしばらく待機!

この時に、なぜか肩がたまらなく痛く、手術中に妙に力が入っていたのか、血液が寄っていたのかは

不明だが、とにかくそれはたまらなかった。

でも、最初の第一声は、「お腹がすいた~。」だった。

これは、無事手術が終わったシグナルなんだろうと自分で思いながら、下半身は麻酔がまだかかった

ままだが、胃のあたりまで、すっかり正気だ。

しかしながら、ガスが正常に出るまでは食べるものはおろか、水さえも飲めないのだ。

人によっては4日間位!

今回の手術は、子宮ガンの手術の中でも一番大きい手術で、大変な手術だ。

前にさんざん言われていて、輸血も必要になるからとも言われていた。

逆にあと10kg太っていたら、手術さえも出来なかったらしい。

そんな中、比較的予定通り、輸血も必要になることなく、大成功で手術が終わった。

おへその上から、下までお腹をパックリあけて、取ってしまったということだ。

これだけの大手術が難なく終えられたのは

皆からの思いというか、エネルギーに支えられていたからだと改めて実感する

ありがとう。  


Posted by NAGAIトークスタジオ at 08:00Comments(0)癌ダンス日記

2009年03月02日

第21話「同意書をめぐるいろいろ」

2005.1.20

「同意書をめぐるいろいろ」

今回の手術の為の入院で、新たなことが見えてきた。

それは、同意書についてだ。今回だけではないが、病院ではよく同意書を書かされる。

入院、外出、看護方法など色々だ。

今回であれば、麻酔を使用する事。輸血を使用する事。そして最大は手術に対しての同意書だ。

ほとんどのものは、本人のサインでいいのだが、この手術に関しては親族のサインまで必要なのである

今回は、専務や皆のサポートもあり、姉にはこの同意書の説明や、手術には立ちあってもらわなかった。

だから同意書の所には、一緒に説明を聞いてくれた、田栗幹子のサインが書かれている。

それで手続きが終わっていたのだが、

術後は、「お姉さんに来てもらわないと困る。」だの、

「同意書にやっぱりお姉さんのサインがないと、本人が良くても病院側は、困る。」等々を言い出すのだ。

我々から見れば、はるかに姉よりも、我々の仲間の方が親族であり、家族なのだが、どうも世間は

血が繋がっているかいないか、これしかない。

全く不信から生きていれば、法律だの契約だのと何かしら形としてあるのでつくられた、繋がりを

利用するしかないのだ。

これが信頼ある人間関係の上に成り立つとするなら、こんな法律や契約での関係にとどまらず、

人間同士の繋がりであり、信頼関係が築けることを、私達が今、証明できる立場なのだと実感する。

我々家族がどういうものなのか!

これは我々に生きる、人間のみができる崇高なFamilyだ!  


Posted by NAGAIトークスタジオ at 08:00Comments(0)癌ダンス日記

2009年02月23日

第20話「体と会話する日々」

2005年1月6日

「体と会話する日々」

抗ガン剤治療の影響で、髪がだんだんと薄くなっていくことを感じながら、

なんとなくいやだなーと思う日々を過ごしている。

思った程は抜けていないので、なんとか過ごせているが、やはり薬の副作用を目の当たりにしてしまう。

もし私がこの真実に出会っていなければ、今どんな会話をしているだろうかとフッと想像する。

それはもう悲劇で大変だったかもしれない。

ましてや、冷静に自分の体と会話することなんか出来なかったはずだ。

良いも悪いもなく、ただ事実として、現象が見れるということは、とてもすごいことだ。

これを言うのは簡単だが、実際ここに生きれることは、神業かもしれないと思ってしまう程だ。

人間が生きるというのは、生きた屍でなければ様々な現象と出会うし、ましてや言葉に牛耳られている。

そこでこの言葉に牛耳られることなく、言葉を創りだせることをマスターすることが、

本来の生きる姿であろうと思う。

今、自分の体と会話し、ダンスが出来ることは、この上なく幸せだ。

絶望ではなく、可能が生まれるからだ。

髪が薄くなればなるはなるで、そのことと共にいる。

そして、日々進化を言葉で創りだすことが、全てと会話することと同じなのだと確信する。
  


Posted by NAGAIトークスタジオ at 08:00Comments(0)癌ダンス日記

2009年02月16日

第19話「在宅医療の未来」

2004年12月27日

「自宅医療の未来」

巷では抗ガン治療に関しての研究が、いろいろと行われている。

この抗ガン治療の研究というが、これはいかに副作用をやわらげるかにかかっている様だ。

薬の中身のことでなく、副作用をとりのぞくにはどうしたらいいのかと!

ある研究では、遺伝子の状態で予防の薬を入れるとか、環境音楽を流すとかの方法が

開発されている様だ。

この方法ではほとんど変わらない位の結果でしかないと思う。

なぜならば、病院という環境が病気をつくりだしている事実から見ると、どこまで普通の

生活をしながら、抗ガン治療ができるかの開発をした方がいい。

老人医療でも在宅ケアの方が望ましいと言うが、これはすべてに通じる。

非日常の中で何の意図もなく生きる環境を与えられても、人間は退化するしかない。
それにどんな最高の薬を与えようとも、無意味になってくる。

今回自分の体験からすると、この在宅医療というのは、周りのサポートがあって初めて

成立するのだが、薬も治療方法がかわらなくても、ほとんどが病院にいないだけで、

体調も食欲も違う。

これが通常の仕事をしながらの治療であるならもっと違ってくるだろうと今、ヒシヒシと感じる。

医療がお金の為なのか、人類を救う貢献のものなのか

今、本気で見直す時がきているのかもしれない。

これが今、私が日々感じる提言なのだ。
  


Posted by NAGAIトークスタジオ at 08:00Comments(0)癌ダンス日記

2009年02月09日

第18話「不良患者が優等生かも」

2004年12月26日

「不良患者が優等生かも」

ついに、私は病院の食事を全てキャンセルした。

毎日毎日、食べもしない食事を運ばれてきて、返す。

この繰り返しをやっていたが、全く意味のないことであり、そして、

「自分の主体によってやる」 という宣言でもあった。

だからおのずと、ほとんど病院にいない状態が創り出せる。

こういう患者は初めてであろう。 

まさに不良患者だ。

ほとんど寝る為だけに病院にいる状態で、昼間は外出して本社に戻り、休養をとり、

会話のある食事を楽しんでいた。

これが功を奏して、食欲が出るのだ

吐き気は止まらずとも、食べることへの意欲というか、執念というべきか、

看護師たちもびっくりする位の元気さなのだ。

病院、看護というものの常識は、病院側のみから見たものであろう。

こういう理想というか、やり方、方法からいけども、所詮やり方でしかないから、患者はついていけない。

その人の生きる力というか、意図というのは、自ら生きようとするエネルギーが全てを物語っている。

このエネルギーをどこまで高められるかということが、本来の病院の立場なんだと思う。

これは病院だけではないだろう。

会のルール、世間のしきたり、等々、人間がどう生きるかを見なくして、しきたりもルールも意味がない。

全ては、人がどう生きるかが原点なのだから。  


Posted by NAGAIトークスタジオ at 08:00Comments(0)癌ダンス日記

2009年02月02日

第17話「現象・命ありが人間を苦しめる」

2004年12月24日

「現象・命ありが人間を苦しめる」

2度目の治療が始まって、最初の一週間ものすごい吐き気に襲われ、一晩中寝れない日々が続いた。

食べるものもほとんど入らず、吐けるものもないが、吐き気は止まらない。

この現象が何日も続くと、思わず自分の会話がふき出してくる。

私の母が癌になり、一旦は良くなったものの、数年後には再発し 今はもう亡くなってしまった事や、

自分の死に対する直面で、手放しでOKとはいかない恐怖というか あきらめの様な会話がふき出てきた。

どんなに頑張っても、自分の体ありのところから手放せられなかった

人間とは、現象あり、命ありというのはしぶとく内在するのだと実感した

これ以上一人で病室にいるのは危険だと思い、自宅へ戻った。

その晩、リーダーミーティングが行われた。

その中で、

今 田ぐり庵の中で働いているエネルギーと、今の自分の内話のエネルギーが連動していることを

実感すると共に、今ある自分をシェアした。

自分が命ありにのたうちまわっていることを。

それと同時に自分のリバースライフのエネルギーレベルの低さや、エネルギーの未熟さを痛感したのだった。

ただ、このシェアをしてから、自分のエネルギーがシフトしていることに気づく。

何か新しい薬を飲んでいる訳でもなく、逆に吐き気止めの薬をやめた方が調子がいいのだ。

これこそ、人間が会話によって生きているという証明でもある。

本気で自分の会話と直面し、会話することが人間の進化であり、現象を動かすのだと。

そして人間を殺すことは、現象・命ありにとっつかまること自体なんだ
  


Posted by NAGAIトークスタジオ at 08:00Comments(0)癌ダンス日記

2009年01月26日

第16話「2度目の抗ガン剤治療への挑戦」

2004年12月19日

「2度目の抗ガン剤治療への挑戦」

12月7日より、2クール目の抗ガン剤治療が始まった。

今回初の挑戦をやってみた。それは、治療中に睡眠安定剤を使わずに 投薬してもらうということだった。

その為に、自分の意図を創りつづけようと!

だから、抗ガン剤を受けながらメッセージのワープロ化することを取り組んでみたりと 初の試みをやってみた。

福大での抗ガン剤治療で、睡眠安定剤を使わないでやった人は、初めてだと 後で看護師に言われたくらいで、

こんな風に自らこんな風にしてくれと言う患者はほとんどいない。

ガンと言われただけで、絶望や悲しみにくれ、医者のいうがままになってしまう人がほとんどだ

逆に医者の言うことは聞かず、反発で民間療法のみになってしまう人もいる。

私は医者はNOとは思わないが、全てではない

やはり根本に、人間としてどう生きるかという謎がとけていない人がほとんどだ。

そして命ありに生きているのが人間でもある。

そこに、自分がどう生きるかに目覚めることが全てのカギとなってくる。

病気も自分で創ったとしたら、病気も自分で治せるはずだ

まさにこの在り方があるかないかで全く結果は違う。

とにかく、今、私は医者と会話し 自分の体と真っ向から向き合って、医者の常識ではなく、

今、何が必要かを話し合っている。

それは、医学という知識では医者の方があるだろうが、

人間がどう生きるか、という真実からすると 私の方がプロだからだ。

それが最終的に、人類の命ありに革命をおこす切っ先となるのだ。  


Posted by NAGAIトークスタジオ at 08:00Comments(0)癌ダンス日記